採用後の手続きについて

「在籍報告」提出(給付奨学生のみ)

給付奨学生は、毎年4月・7月・10月の指定期限までに、スカラネット・パーソナルから日本学生支援機構へ「在籍報告」を提出する必要があります。
※期限までに届け出がない場合、振込みが止まります。
※期限超過後、速やかに入力すれば、振込みが止まった月度の奨学金は遡及して支給されます。

在籍報告(4月) 終了
在籍報告(7月) 入力案内中
在籍報告(10月)

終了

「奨学金継続願」提出(全員)

最終学年を除いた毎年1回、次年度の奨学金継続を日本学生支援機構へ願い出る必要があります。
所定の期限までに、スカラネット・パーソナルを通じて行ってください。
※期限内の届け出がない場合、貸与奨学生は「廃止」となり、貸与が終了します。
 (給付奨学生は「保留」となり、支給が止まります)
※貸与奨学金の辞退を希望する場合も、期限までに「辞退」の入力が必要です。
 (給付奨学金は辞退できません)

継続申請
貸与奨学金

終了 入力準備用紙
学部生/大学院生
説明会中止
説明資料配付ウェブ配付

継続申請
給付奨学金

終了 入力準備用紙
新制度/旧制度
説明会中止
説明資料配付ウェブ配付

適格認定

継続を希望する場合は、奨学生としての適格性の有無が学業成績等によって審査され(適格認定)、適格と認定された場合は翌年度も奨学金が継続されます。
不適格と認定された場合は奨学金の振込みが停止(貸与のみ)あるいは完全に終了します。
※学業成績は、「標準修得単位数」に基づく単位修得状況およびGPAが判定されます。
※「廃止」となった給付奨学生は、受給済みの給付奨学金の返還を求められることがあります。

標準修得単位数および判定区分

貸与・旧給付奨学金

修学支援新制度 

随時の手続き

奨学金を貸与・受給中に休学・復学・留学・退学等をする際は学籍上の手続きに加え、奨学金の手続きも必要です。
学部・大学院の学務窓口での手続きと併せて、経済支援係での手続きも行ってください。
金額変更・連帯保証人・保証人・親権者等の人物変更・振込口座変更・辞退等を希望する場合は、経済支援係を通じて手続きが必要です。
経済支援係窓口までお申し出ください。
申し出の期限日は変更・異動の前々月末です。

連絡先

学務部 学生支援課 経済支援係
TEL : 045-339-
(授業料免除)3113  (日本学生支援機構奨学金)3112
(民間奨学金)3115  
gakusei.keizaiアットマークを記入して下さいynu.ac.jp

学務部 国際教育課 留学生支援係
(留学生奨学金)TEL : 045-339-3131
kokusai.shienアットマークを記入して下さいynu.ac.jp

窓口時間

平日
8:30~12:45/13:45~17:00

ページの先頭へ